euATELIER PROFILE PROCESS WORKS ADDRESS BLOG CONTACT LINK

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
cherry
2月に竣工した「cherry」にお伺いしました。



これまでの家づくりの経緯やこれからの暮らしへの願いを込めて、オープンハウスの直前に名前を付けさせてもらったのですが、すぐ近くに桜並木があることも大きな理由のひとつでした。
で、その桜が咲いている時に写真を・・・というわけで、屋上に上がらせてもらってパチリ。



電線がうっとうしいですが・・・(^^;)
屋上に上がるとこのように桜の花が眺められます。

下に降りて、桜の方から家を見ると、こんな感じ。



外はまだ少し肌寒かったけど、久々にご家族とお会いし、心あたたまるひとときでした。

村上
| 建築 | 11:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
またまたガラス屋根
SSMの現場。
順調に進んでいます。
ここにもガラスが使われています。



ここは室内なので、日差しの暑さ、まぶしさを抑えるために、これからもう一工夫します。

足場を上ると、お隣の庭が綺麗に色づき始めていて、いやされました〜。



村上
 
| 建築 | 11:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
ものづくり体験館見学
大学の建築系同窓会の主催で、姫路市にあるものづくり体験館
http://taikenkan.monodai.ac.jp/
の見学会がありました。



いろんな素材がさまざまに工夫されて使われており、いい勉強になりました。







実は半年ほど前に、娘が中学の授業で行っており、おかげさまで帰ってから思春期の娘と共通の話題でいろいろと会話が出来ました(≧∀≦)

まあ、ものづくり体験が印象に残っているみたいで建築に関しては「なんか、すごいと思ったで」程度の感想でしたが・・・。

村上
| 建築 | 11:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
彼岸中日
今日は彼岸の中日。
暑さ寒さも彼岸まで、、、と言うけど、今日は寒かった(>_<)
一昨日、SMRの施主さんとキッチンのショールーム(H&H Japan)に行ったときは車中でエアコンをかけてたくらい暖かかったのに。



キッチンのサイズが写真のものと全く同じ、幅2700mm、奥行900mmなので、とてもイメージしやすかったみたいです。

一転、今日は雪がちらつく中、現場では庇にガラスがかけられました。




これで大きな軒下空間が出来ました。
この下は全面デッキになる予定。

現場から帰ってからお墓参りに行ってきました。

村上
| 建築 | 11:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
気分新たに
毎年のことながら、ついついギリギリになってしまう確定申告が済むと、さあ、今年はしっかりやるぞお、と今頃気分新たにしているのは僕だけでしょうか(^^;)
数字ばかり見ていた週末の作業から解き放たれて、スケッチを描くのがとても楽しくて、ちゃちゃっと描いたのを持って現場へ。

SMR、長〜い住宅の両端、妻面の外観がほぼ出来てきました。



もう少し先ですが、屋根は芝生で覆われる予定です。



次に、SSMの現場へ。
外壁の実物サンプルを用意してくださっていました。



手前が設計図の仕様のもの。奥のサンプルのようにシャープになるよう、変更することになりました。

こちらは、小さな建物ですが、規模に関係なくどちらの現場も隅々まで気を配った仕事をしていただいている職人さんたちに感謝、感謝です。



村上
 
| 建築 | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
新築・改築、同時進行


ブルーシートで覆われた部分に、おばあさんのための小さな離れを建築中。

同時に、左手に見える建物の内部を解体中。
ここは、ほとんどの外壁を取っ払って、大きなあずま屋のようなものに改築します。



村上
| 建築 | 11:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
実物サンプルあれこれ
かれこれ6年以上かかって計画してきたSMRの工事が進んでいます。
着工すると早いもので、外観が出来上がってきました。

現場に行くと、大工さんらがあれこれと実物のサンプルを作ってくれていて助かります。


ちょっと分かりづらいけど、天井の板と梁の隙間の埋め方をどうするか?
のサンプル。


ガラスの庇の継ぎ目のサンプル。


庇の下に付ける木製ルーバーも角度や間隔を変えたサンプルをいくつかつくっていただきました。

図面だけであれこれ想像するより、実物を見ると一目瞭然!
ありがとうございます!!

で、ルーバーはこんな感じになっています。



とても長〜い住宅なのです。

村上
| 建築 | 11:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
減築


とても大きな施設のようですが、個人住宅です。
計画案ではありません。現況のボリューム模型です。

このうち、床面積でいうと1割にも満たない部分を建て替える予定です。
残りは予算内でできるだけの整理をしていきます。

増築ではなく、「減築」をしようと思っています。

現在の家族構成や暮らし方からすると家が広すぎるのです。

僕の住んでいる地域でも結構同じ問題を抱えている家が多いです。
壊すにもお金がかかるし、古いからこそ美しい部分もあります。
けれど、放っておいても使い道がない・・・。
むしろ、築年数が新しい、普段使っている部分のほうがデザイン的にはもうひとつだったりするのですが、さすがにもったいなくて手を加えられないことが多いです。

なかなか難しい問題です。
腕が鳴ります。

村上
| 建築 | 00:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
お久しぶりです

久々にHP更新しました。
ブログも長い間サボってしまいました。

この間のことをちょっとまとめて書こうと思います。

来年オープン予定の保育所の計画を提案する機会がありました。
http://www.at-eu.com/works/compehoikusyo2.html#compehoikusyo2/01.jpg
10案の中から採用されるという、この上ないチャンスが訪れました。
「面白い提案を!」と言われて頑張ったのですが、「ちょっとやりすぎ・・・」みたいなことを言われて夢は消え去りました( ̄w ̄)

七ヶ浜のコンペに続き、またしても保育所の設計をすることはかなわなかったのですが、ひとついいことがありました。

昨年暮れより、「淡河ワッショイ」というグループをつくって、もっと住みよいまちにするにはどうしたらいいか、というようなことを地元の人たちと考えはじめました。僕が住んでいて、事務所もある淡河町というところは、神戸市にありながら過疎化が進行しています。昨年度には2つの幼稚園が合併されてしまったほど子どもが減ってきています。
その話し合いの中で、七ヶ浜のコンペで実現できなかった「園庭の芝生化」というのを提案したら、「それ、いいかも!」ということになりました。とても実行力のある人たちがいるので、話がトントンと進み、本当に実現してしまいました。

芝生化する前


芝生化した後


隣の小学校も、ということに。


子どもたちや保護者、地域の人たちがたくさん集まって一緒に作業しました。
コンペの時に想像していた、裸足で駆け回る子どもたちの姿を実際に見ることが出来て感無量でした(≧◯≦)


TTRは今こんな感じ。


この天井は屋根裏です。
つまり天井から明かりが入っているところは、屋根がドアのようになっていて、それが上に跳ね上がっている状態です。
とても重たいドアなので上手く上がるか、内心ちょっと不安もありましたが、計算通りに出来ました( ̄▽ ̄)
引越しまでしばらく時間があるので、見学会出来るかな?


KWMはすでに引っ越しをされています。
工事が遅れ(というか職人さんが来ない(≧ヘ≦) 、最後バタバタとなってしまい、施主さんにはご迷惑をおかけしてしまいました。
結局撮影する機会も逃してしまいました。
先日、手直しの検査の後に撮影を、と思っていたのですが、この通りあいにくの天気で、また後日ということに。


もう生活されているのに、撮影をこころよくお許しいただきました。
現場ではトラブルもいろいろ起こりましたが、いつも温かく接していただいた施主のWさんご夫妻に大変励まされました。
ありがとうございました。


新たな家の計画が始まりました。
以前放送された建物探訪を見て、準備が整ったらぜひ、ということで声を掛けていただいてから約1年。
遠方だし、本当に進むかな、、、と思わなくもなかったのですが、本当にはじまりました。
2時間ほどかけてはるばるこんな田舎まで打ち合わせに来て頂いています。感謝、感謝です!
それにしても、この模型を撮った時はいい天気でした・・・。



SMRは、初めて施主さんとお会いしてから、もう4年?ほど経ちました(^_^;)
もう少しで着工、というところまでいったのですが、諸事情により計画ストップ。
いろいろと条件が変わって再度実施図面を詰めている段階で、またもや計画変更のピンチが・・・!!
結局、このまま進めていくことになり、いよいよ、ついに!実現が見えてきました。
これまでの経緯からして、一抹の不安が無いわけでもないですが・・・(^_^;)



考えてみたら、この家の計画が始まったころと今とでは僕自身も随分まわりの状況が変わりました。
当時は自宅の2階で一人で仕事をしていました。
子どもたちはずい分成長し、寝るスペースが無くて困ってきました。
昨年父を亡くしてから、隣の母屋には母親が一人でいるだけで、そっちは空き部屋だらけで、どうも光熱費とか無駄につかってるなあ、などなど。

どうしたらもっと住みやすくなるか、と考えるのは難しいです。
でもそういうことをあれこれ考えられる今の状況がとても面白いです。

村上

| 建築 | 21:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
家が出来て
家が出来て引き渡しをするときに、工事業者さんは施主さんに取り扱い説明書などを渡されますが、設計からは検査済証や図面類、構造計算書、各種試験の報告書、工事中の写真などをファイリングしてお渡しするようにしています。

将来のメンテナンスや増改築などの時にも役立ててほしいと思っています。



写真や図面などは整理してピックアップしていくのですが、毎回かなりのボリュームになります。

自立します(;)



打ち合わせ記録は2010年の11月から18回分。Nさんご夫妻、お子さんたち、いつも長時間お疲れさまでした。

それ以外に、このプロジェクトではメールのやり取りが多かったので、調べてみたら2010年の5月末にお問い合わせをいただいてから、送受信数は実に249回 (_)


出来あがりはこんなにシンプルですが、いろんな思いがギュッと詰まっているのです!



村上 
| 建築 | 09:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/5PAGES | >>