euATELIER PROFILE PROCESS WORKS ADDRESS BLOG CONTACT LINK

長〜く
リビングに長いカウンターがつきました。



長〜い廊下。



長〜いウッドデッキ。



今日は、このウッドデッキに腰かけながら、建具屋さんと長い(^^;)打ち合わせをしました。

村上
 
| SMR | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
熟考の末・・・


左手の母屋と右手の離れ。
当初は廊下で接続する予定でしたが、着工前に廊下をやめ、別々の入口を設けるよう、変更。
工事中に、やはり冬の寒さなど考慮して、廊下でつなぐことに決まりました。
ところが、ここにきて、またまた廊下はやめようかな、、、とのご相談。
理由として、せっかく奥に見える建物がきれいになったのに見えなくなるから・・・
お友達とか来た時にも奥に行ってもらいやすいし・・・とのこと。
これはうれしい限りです(≧▽≦)

普段は裸足で2つの建物を行き来でき、土足で建物の間を通り抜けることも出来るよう、一工夫することにしました。

この部分を残して、あとはほぼ出来上がってきました。









村上
| - | 23:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
新旧の融合
75年前の板壁と20年前の瓦、新しい鋼板屋根やガラスが混ざりあった建物。

工事も残りわずかになってきました。



村上
| SSM | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
田舎ならではの
事務所のある町内でリノベーションの計画が2つ進行中です。

そのうちのひとつが、市外で暮らす若夫婦のための改修。
工事が完成したら、町内の人口が増えるんだから、過疎を憂うおじさんとしては力が入ります<`ヘ´>

もっとも、完成は来夏で十分、ということで、ゆっくりとしたペースで進めていけそうです。

年明け早々、測量したのは納屋。
納屋を若夫婦の離れ住宅に、という計画でした。

納屋とは、農業用倉庫で、昔はそこで農作業をしたり、トラクターがわりの牛を飼ったりしていたところです。
今ではどこの家も大家族でないかぎり、空き部屋か物置になってたりすることが多いです。

この家の納屋は、物置にしておくにはもったいない、とても頑丈な木でつくられていて、普通の住宅よりも大きいぐらいの立派なものでした。
丸太の梁が複雑に架けられた小屋組みを見て、ワクワク・・・。



↑このような提案で、そこそこ話が進みました。
が、諸々の事情により空き部屋がある母屋の活用も考えてみることに。

今度は母屋を隅々まで測量。
この母屋がまたでかく・・・とても全部は手を付けられないので、どこを改修するか、が問題でした。
とりあえず、どんなことが出来るだろうか、、、という御質問にお応えすべくつくった案がこちら。



水色に塗った部分だけ改修し、1階に親夫婦、2階に子夫婦のスペースを、という案。
結構受けはよかったものの、家族全員合意、とはならず。
この案をベースに再度みんなで話し合い、考え直した案がこちら。



オレンジっぽい色の部分が改修範囲です。
これで進めていくことに相なりました!(^^)!

納屋をさわれなくなったのは残念だけど、大きすぎて暗くて寒い母屋をどれだけ居心地のいい空間に出来るか、楽しみです。

この家をつくった大工さんに怒られることのないよう、骨組みを上手にいかしていきたいです。

そして、当時の大工さんにも感心してもらえるような空間をつくるのだ〜 ( ̄0 ̄)!!


村上
| 計画案 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
竣工後5か月経って・・・
施主さん自ら手がけた塗装が完了し、お知り合いに依頼されていた外構も出来たということで、久々に熊取まで行ってきました。

工事中は何度も通ったけど、久しぶりに行ってみると、結構遠い・・・(^^;)

家じゅう隅々まで案内していただきました。

外観。




リビング・ダイニング。








寝室(一部書斎)。


階段。


こんな高いところまで頑張って塗られました。

作業日数は延べ90日にも及んだとか(◎_◎) !
年末年始、休日返上、、、本当にご苦労さまでした。

竣工時、洗いやさんにピカピカにしてもらった状態より全然いいです。


ベランダ。


ステンレスのカーテンを開けて屋上に上がると・・・



あいにくの空模様で、海は見えなかったけど、とても気持ちよかったです。

Sさん、ありがとうございました!


村上
| KSK | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
工事中に設計変更
SMRの現場。
足かけ6年の設計期間を経て、ずいぶんといろんなことを検討し、たくさんの図面を描いてきましたが、それでも現場が動き出すと、これでいいのかな、こうした方がいいんじゃないかな、といろいろ悩んでしまいます。



リビングの状況。
屋根裏の空間を端から端まで風が通るように、開き窓をつけるのですが、よりシンプルに、より開閉しやすくなるよう思案中。

こちらは、一昨日のSSMの現場の状況。





ガラリ窓をつけるために取り払った壁から見える山々があんまりにも美しいので、施主さんに相談して景色を切り取るような窓をつけることにしました。

この日は、建替え部分の離れの障子のデザインや、建具に塗る色も変更することが決まりました。

絶対によくなった!と帰りがけひとりほくそ笑んでいました。

施主さんからは、図面を描いている時点で全てイメージ出来ている、、、と思われているみたいですが、正直僕にはそこまでの能力がないんですよ(^_^;)
やっぱり現場を見て出す結論が一番間違いがない!

あまり偉そうに言えることではないですね・・・(^^;)

村上
| 現場 | 22:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
写真もらっちゃいました(≧∀≦)
KSKの建て主さんから写真をいただき、ホームページにUPさせていただきました。

http://www.at-eu.com/works/ksk-6.html

カメラマンに撮ってもらうのはたいてい竣工後間もない時期なので、あまり生活感がない写真になるのですが、こういう写真もいいですねえ。
もちろん、綺麗に住んでいただいているからですけど。

カメラマンに頼むの、もっと先にしようかな・・・(^^;)

村上
| KSK | 22:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
悲しいことに・・・
SSMの窓から見える景色。



左側は築70年ほどの離れの改修。右奥にはのどかな田園風景がひろがっています。
もう少しクローズアップすると



ほれぼれする〜。

しか〜し、よく見ると手前に某ハウスメーカーの看板が(◎_◎) !
大工さんによると、跡取りさんの離れが建つそうで。
若い人がこういう地域に住み続けることはうれしいことだけど、でもちょっと、、、
どう考えても不釣合いでしょう(≧д≦)

村上

 
| その他 | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
東奔西走
午前中は、SMRの現場でランドスケープのデザイナーさんを交え、外構の打ち合わせ。
出張先から帰ってこられた施主さん、打ち合わせの合間を縫って今日もペンキ塗り。





午後からは、八多の家2にお伺いしました。
以前の点検で見つかっていたクロスの補修箇所を予定が合わず直せずじまいだったので改めて点検。
竣工してからかなり年月も経ったけど、綺麗に住んでおられてうれしかったです。

その後、SSMの現場へ。
壁に塗る色やトップライトを覆うアクリルの色、障子紙の色(ふつうは白ですが、色を混ぜたいという御要望があり)など施主さんと打ち合わせ。
建替え部分は残りあとわずかとなり、今度は改築部分の工事が本格化していきます。





で、夜はPTAの打ち合わせ・・・

あわただしい1日だったけど、こうやってたくさんの人と出会えて話し合える状況が楽しいです。(≧▽≦)

村上


 
| 現場 | 18:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
住宅コンペ案
先日提出した住宅コンペの案。
残念ながら落選、とのメールが届きました。









直ぐ近くを巨大な新幹線の高架橋が通っているような敷地に、小さなユニットを組み合わせた平屋を提案しました。
結構いい提案が出来たと思ってたけど、届きませんでした・・・(>_<)

村上

 
| 計画案 | 05:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/12PAGES | >>